2020年11月22日 11:00〜22:00
オンライン開催!!!

オンライン開催の経緯

Tokyo Dyke March2020は、当初、2020年5月に開催を予定していました。

ところが、コロナウイルスの感染拡大により、参加して頂く方とそのご家族・パートナーの健康・安全を第一に考え、2020年秋に延期せざるを得ませんでした。

夏・秋と時間が経つにつれ、感染対策として有効な方法(密閉・密集・密接を避ける等)が明らかになり、PCR検査へのアクセスも改善され、3~4月頃に比べると、日本に住む人々も、コロナウイルスがある事を前提とした生活に、少し慣れてきたようにも感じます。

他方で、コロナウイルスに有効なワクチンや予防接種は、世界中の優秀な研究者の方々による日夜の努力にも関わらず、まだ開発・製造の途中です。

この状況下で、Tokyo Dyke Marchをオンサイトで開催するべきか、とても悩みました。足立区議の心無い発言や、マスメディアでの表現等から、今だに差別や偏見はあり、レズビアン・バイセクシャル女性を始めとした、セクシャルマイノリティの存在や人権が無いものとされている、という状況は変わらない為です。

また、さっぽろレインボーパレードに参加させて頂き、「密集・密接」を避けてリアルなマーチを開催する事もできるかもしれない、という希望も持ちました。

しかし、リアルマーチを開催する事は、マーチに参加してくれる人たちの感染リスクを、ほんの少しかもしれないけれども、高めうる行為であると認めざるを得ません。そのような行為によって、参加される方々とそのご家族・パートナーの健康をもし害してしまったら、主催者として、1人の人間として、とても悲しい事です。

また、このような状況でリアルマーチを開催することによって、LGBTQコミュニティ全体を批判の対象にさせてしまい、セクシュアルマイノリティとマジョリティとの間の溝を更に深めかねない、という事も気がかりでした。

参加して頂く方々の安全・健康を保ちながら、セクシュアルマイノリティ女性の存在を可視化する事を両立する為、とても辛く、寂しい気持ちもありましたが、Tokyo Dyke March 2020は、オンライン開催に切り替える事にしました。

WE DREAM

・幅広く多様な女性セクシュアルマイノリティの存在を可視化する事
・全ての女性セクシュアルマイノリティの権利を回復し、守る事

To visualize and raise awareness of the existence of diverse sexual minority women.
To restitute and protect the rights for all sexual minority women.

・セクシュアリティや性自認は、目に見えません。そのため、当事者自身が声を挙げなければ、「いないこと」にされてしまい、社会制度や日々の会話の中でしばしば置き去りにされてしまうのが、今の日本社会での実情です

・私たちは、日頃「いないこと」にされがちな女性セクシュアルマイノリティの存在を見える化し、日常の生活や社会の中で抑圧されている誇り、想いにスポットライトを当てたいと考えています


Gender orientation and gender identification are invisible. In today’s Japan‘s society, unfortunately the fact of the ignorance from the structure pf the government as well as the daily life which causes the recognition of the “nonexistence” of sexual minority women.

We will perform to aim more attention to the existence, beauty, thoughts and pride for sexual minority women in Japan.


Tokyo Dyke March って?

幅広く多様な
女性セクシュアルマイノリティの
可視化を目指す、

当事者+アライによる
手作りのマーチ(デモ行進)です


Tokyo Dyke March is a handcrafted and self-organized march by sexual minority women + ally,
aiming for visualization of sexual minority women’s existence.
TOKYO DYKE MARCH 2020 
オンライン開催!
日程:2020年11月22日

11:00-22:00

オンラインマーチ

17:00-18:30
スペシャルYoutubeLIVE
「世代を超えてぶっちゃけ話!ダイクトーーク」

“Dyke (ダイク)”って?

・元々はレズビアンを意味する差別的な言葉でしたが、女性セクシャルマイノリティが自らのセクシュアリティとして口にする際には、伝統的な考え方や既存の制度に負けない、強く生きる女性セクシュアルマイノリティという意味を持っています

Dyke is originally a contemptuous slang meaning lesbian, but when sexual minority women use this word to identify their sexuality or gender by themselves, it means a woman who lives strong, refusing to give in to traditional mindsets/thoughts and the existing regime.

- 参加対象(Marcher) -

・TOKYO DYKE MARCHのコンセプトに賛同していただける方

(特に、ジェンダー・セクシュアリティのどこかに「女性」的な要素を持つ方とそのアライ)

※年齢、国籍、民族、心身の状態を問いません
※素顔を出せない事情がある方は、サングラスやマスク等で顔を隠して頂いて大丈夫です

Those who agree with what we dream.

Especially, those who identify themselves as “sexual minority women” to some extent in their sexual orientation, gender identity or sex, and thier ally

*Sexual minority women of all ages, nationalities, ethnicities, and mental or physical states can march.

*Anyone who is worried of being identified can use their sunglasses or masks to hide a part of your face.


代表挨拶

はじめまして!
普段は会社員として働きながら、自分のセクシャリティ(シスジェンダー女性のレズビアン)をオープンにして生活しています。職場や友人にカミングアウトする度に、「女性でも"そういう人"いるんだ」といった言葉をしょっちゅうかけられ、認知が広がらない現状をどうにか打破できないかと悩んでいました。
そんな中、Lの友人に誘われて2019年6月のNew York City Dyke Marchに参加し、道を埋めつくす程の老若(男)女が街を練り歩く姿に圧倒されました(主催者によると、参加者は2万人程度)。日本でも同じようなイベントを定期的に開催し、意識しなくても"見える"状態を作ればいいんだ!と思い立って、Tokyo Dyke Marchの企画を始め、今に至ります。

ダイクマーチ実行委員会代表 erikoより

\ 応援メッセージ /

supporter

待ってました! 近かったら、参加したかったです。介護中故に、必ず参加できると断言できませんが、前向きに検討させていただきます。

supporter

久々の東京ダイクマーチ楽しみにしています。私たちの存在を臆せず凛々しく示しましょう。

supporter

久々の東京ダイクマーチ楽しみにしています。私たちの存在を臆せず凛々しく示しましょう。

CONTACT

info@tokyodykemarch.com